コラム

Hakkousha便り 2018年1月号

今年も「虫」の時代です。
「虫」というのは、「細菌」のことです。
「細菌」は、遺伝子解析などの技術革新により、
世界中で腸内細菌に関する研究が進められ、
かつては「善玉菌が良い。悪玉菌が悪い。」
と単純に語られていた腸の世界が
実は複雑であり、
細菌たちが身体と心の健康を支配することが明らかになり、
社会的に、ますます「腸内細菌」や「発酵」の働きが見直されています。
「腸活」「菌活」という言葉も生まれるほど、
健康と美容に意識の高い人達が大きな関心と注目を持って、
日々の生活に優良な菌を食生活に取り入れたり、
腸内環境を整える生活を行っています。

「発酵の素」は、まさに「今」の時代に訪れた食品。
面白いのは、「薬」でもなければ、「サプリメント」でもない、
自然な材料からできている食品ということです。
毎日の食事の中で、美味しく食べて、
いつの間にか、健康と美容に良い状態が現れることが期待できます。
身体に良いものは星の数ほどありますが、
「発酵の素」を構成している材料は、厳選されたオーガニック材料を、
腐敗の方向ではなく、発酵の方向に切り替える技術で処理しているということ!
これがHakkoushaが誇る独自の技術で、
今まで見落とされてきた「生きている水」で処理されているところです。
Hakkoushaは、命が輝く「発酵の素」を通じ、
笑顔溢れる社会づくりへの貢献をしていきたいと思っています。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

今月のレシピ

発酵の素入りぜんざい

今月のレシピを見る

コラム一覧へ戻る

  • facebookfacebook
  • InstagramInstagram