コラム

  • 2018.04.01

Hakkousha便り 2018年4月号

今年は全国的に気温の変動が激しく、体調を崩しやすい方も多かったのではないでしょうか。
さて、先日、私は「糀(こうじ)の料理教室」に行ってきました。
講師の方は、東大阪に住む稲森多恵ちゃん。
普段の食事に「発酵食品」を取り入れることが、
心と体の健康(調和)づくりにとても大切なことだとお伝えされている方で、
中でも日本の古来から存在し、
日本ならではの糀菌を使った伝統的な味噌づくりや、塩糀、醤油糀の作り方をお伝えされている方です。
麹(こうじ)は、世界中どこを探しても麹菌で麹を作るのは日本だけで、
1300年も前から麹菌を利用してきた食文化があるそうです。
そして、その麹の持つパワーは、100種類以上の酵素の働きがあり、
栄養素を分解してくれたり、旨味を引き出すことができるので、
余分な調味料を使う必要もなくなり、体にも環境にもエコで優しい!というお話でした。
麹菌のように優しい多恵ちゃんは、
笑顔で「先人様から伝承された日本の食文化を、ぜひぜひ未来に繋げていきましょう!」とお話され、
この日、糀菌を活用したたくさんの料理を教えてくれました♫
とってもカンタンにできて、しかも美味しい!我が家でも出番が増えそうです。
文明が進み、水一つとっても昔のような環境ではなくなった現代。
お腹の中の「微生物が喜ぶ環境づくり」のお手伝いを、
「発酵の素」を通してHakkoushaが提供することができれば、嬉しいです♡

★今月は、発酵の素ユーザーの方からの「発酵の素」の色々な食べ方をご紹介します★

【そのままで♫】
ティースプーン1杯くらいを毎日摂取するだけでも便の状態が良くなります。
お水や、ジュース、コーヒー、紅茶と一緒に飲んでもOK。
我が家ではドックフードに振りかけてます。
ワンチャンは素直なので、便によく現れます。

【納豆にふりかけて食べる♫】
納豆にティースプーン1杯の「ゆるり」をふりかけて混ぜ合わせて食べるだけ♪
「便の色やニオイが全然違うんです!」と報告を伺います。

【料理の調味料として♫】
腐敗から守る「ゆるり」は、お弁当のおかずを作る時に、必ず入れるようにしていらっしゃる方もいます。

コラム一覧へ戻る

  • facebookfacebook
  • InstagramInstagram