コラム

Hakkousha便り2022年11月号

氣がつけば日脚もめっきり短くなり、冬の訪れを感じております。
日毎寒さがつのりますので、お風邪など召されませんよう、
「発酵の素」をご愛顧くださり、発酵型の腸内環境を育まれ、
お健やかにお過ごしくださいませ♡

【腸にすむ「マイ乳酸菌」はオリゴ糖で増やせる】
<マイ乳酸菌が腸の健康を増進させる>
体だけでなく、脳も心も健康に保つには、今ある腸内フローラをより豊かに、
体によい働きをする「もうひとりの自分」に育てることです。
そのためにはまず必要にとなるのは、「マイ乳酸菌を増やす」ことです。
最近の研究により、腸にはその人特有の乳酸菌(マイ乳酸菌)がすみついていることが明らかになりました。
また、子供のビフィズス菌の遺伝子分布が母親のものと一致していることがわかったのです。
そして、腸内細菌の組成を決めているのは、
生まれた直後に接触した人が持っていた菌であるという研究報告も発表されています。
生後一年間、赤ちゃんの腸はスポンジのように回りの細菌を取り込むのですが、
どれを腸内に棲みつかせるのかを選別しているのは、
IgA抗体です。乳酸菌も同じです。マイ乳酸菌は腸にすむことを許された菌たちです。
生まれてまもなく自分の腸にすみついたマイ乳酸菌を増やすことが、
腸内環境をよりよく整えるためには欠かせません。
乳酸菌などの善玉菌が活発に働いていれば、最大勢力の日和見菌は一斉に善玉菌に味方し、
よい働きをするようになり、「もうひとりの自分」のよい顔を引き出せるようになるのです。
『発酵の素』で、発酵型のお腹を育み、
「マイ乳酸菌」が活発に働く腸内環境を現し、免疫細胞を元氣に働かせましょう。

コラム一覧へ戻る

  • facebookfacebook
  • InstagramInstagram