コラム

Hakkousha便り 2022年4月号

<腸内バランスの乱れとアレルギーが原因か>
『食事療法で自閉症が完治!!』(コスモトゥーワン)という大変興味深い本があります。
この本は著者のキャリン・セルーシさんが、
自閉症の息子マイルズ君の症状の克服を目指して懸命に取り組んだ記録が克明に記されています。
セルーシさんは、小麦粉のグルテンと牛乳のカゼインというタンパク質に,
脳内がアレルギー反応を起こし大きな混乱を起こしていることを、
マイルズ君の症状と食事内容を見つめながら検証しています。
また、多くの子供たちがはしかや風疹のワクチン接種後に自閉症行動が始まったことも示しています。
そして、
腸内細菌のバランスの乱れが腸壁に穴を開け、アレルギー反応を起こしているという説も紹介しています。
マイルズ君の自閉症の症状は、小麦粉と牛乳を完全に除去することで劇的に改善していきました。
食事療法が全ての子の自閉症を改善できるわけではないのですが、
悩める親たちに大きな勇気を与えることでしょう。
腸内バランスを整えて細菌叢を豊かに育む食生活によって、
自閉症の症状が改善される子も増えるのではないかと希望を持つことができると思います。
『発酵の素』を日々お摂りくださり、お腹をぬか床のように発酵され、
お腹に棲む小さな生き物さんと共に心と体の健康の一助になれることを願っております。

コラム一覧へ戻る

  • facebookfacebook
  • InstagramInstagram