コラム

Hakkousha便り 2021年11月号

こんにちは。秋も深まり、すっかり日も短くなりましたが、
みなさん、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。
寒さも日に日に本格的になって参ります。
発酵型のお腹を育み、
微生物との共生で高まる免疫力を高め、ご自愛くださいます様お祈り申し上げます。

<酵素食品をとっても体内の酵素は増えない。腸内細菌が多くの消化酵素をつくり出す>
消化吸収、呼吸、筋肉を動かしたり、あらゆる生命活動には酵素が関与しています。
生命活動に必要な酵素は、体内でどのくらい生成できるかが重要だと考えられています。
酵素には、食べ物を消化吸収を支える「消化酵素」と、
体を正しく働かせるための「代謝酵素」の2つに大別されますが、
消化酵素は、腸と腸内細菌が協力してつくり出していることがわかっています。
腸内細菌は、人体が生成するおよそ150倍もの酵素をつくり出しているといわれています。
腸の中で、いろいろな働きを行っている腸内細菌!
腸内細菌が元氣でバランス良く棲むことができる環境づくりは、健康づくりのベースです。
コツコツ『発酵の素』で、発酵型の腸内環境を整えてくださいますように♡

コラム一覧へ戻る

  • facebookfacebook
  • InstagramInstagram