コラム

Hakkousha便り 2019年4月号

<腸内の小さな生きものたちが教えてくれること>
善玉菌が2割いれば、悪玉菌は悪させず、日和見菌は調和を乱さない健やかな腸内環境。
「善玉菌だけを残し、悪いものを排除すれば健康が取り戻せる」
という発想を立ち止まらせてくれます。
お腹の中に棲む小さな生きものを元気にする生き方を身につけることは、
バランスの取れた生き方につながるかもしれません。
最後にマハトマ・ガンディの言葉を紹介します。
「信念が変われば、思考も変わる。思考が変われば、言葉も変わる。
言葉が変われば、行動も変わる。行動も変われば、習慣も変わる。
習慣が変われば、人格も変わる。人格も変われば、運命も変わる。」
「今」というときが、良いときでありますように☆

コラム一覧へ戻る

  • facebookfacebook
  • InstagramInstagram