コラム

11/3「神社de発酵フェス〜ぼくらはみんな生きている」所感☆

爽やかな青空の最幸の天候に恵まれ、
おかげさまで、ご縁のある大勢の方に喜んでいただけ、
大成幸のうちに幕を閉じることができました。

主催者の<彩ごはん代表・稲森多恵ちゃん>の
「微生物に光をあて、生きとし生けるものに愛を持つ」という強い想いは、
大調和・大和合を体現するイベントが生み出されました。

そして、そんな想いをしっかり受け止め、支え、
楽しだ思いやり深く愛いっぱいの仲間と共に創り上げた場に、
大調和・大和合のエネルギーをキャッチし、参加してくださり、
盛り上げてくださったからこそ、
笑いあり、涙ありの大変温かいイベントになりました。

私は、司会という初めての大役を仰せつかり、
大好きな多恵ちゃん主催のイベントが成幸することをただ一心に!
私なりに何ができるか考え、できることを心を込めて、
お手伝いする経験をさせていただき、
本当にありがたかったです。

Hakkoushaの初出店も、
日頃から「発酵の素」をご愛用くださる方々にブースの応援を有難くいただき、
おかげさまで、大盛況でした。
「発酵の素」をお買い求めいただきましたこと、心より感謝すると共に、
良い方向に変化されることを祈り、
これからも心を込めて、しっかりサポートさせていただきたいと思っております。

「微生物のスペシャリスト」たちが、
それぞれの立場でお話してくださった微生物のお話がありました。
どのお話も、微生物に光をあてることで見える未来への希望でした。

関係者一人ひとりの方が、
笑顔をもたらすことがしたい望み、動いた姿があり、
気づけば、それは【愛と調和の微生物の生き方】が現れていました。

発酵フェスで現れた世界は、
新しい時代の新しい地球の世界の可能性を見せてくれたかのようでした。

「発酵の食文化」から、
人の心と身体の健康が生まれるだけでなく、
草の根的に、広がる地球の調和に繋がっていくのだろうと思います。

夢は大きく、志は高く・・・。

「神社de発酵フェス〜ぼくらはみんな生きている」

たくさんのエネルギーをいただけ、とても意義深い経験をさせていただくことができました。

コラム一覧へ戻る

  • facebookfacebook
  • InstagramInstagram