コラム

Hakkoushaが大切にしたいこと☆

今、NHKの朝ドラで「まんぷく」が放映されています。
Hakkoushaの開発者である旦那さんが、
「カップヌードルミュージアム」に行きたいということになり、
池田市にある話題の場所に行ってきたときのお話です。

<ものづくりのヒト>は、<ものづくりのヒト>に関心を持つのですね。

現地は、ラーメンの誕生から、だんだん大量生産へと歩み、
世界中に広まることになった推移が、表されていました。

その歴史の中で、
Hakkoushaの開発者が、一番目を輝かせていた場所は、質素な研究小屋でした。
この建物で、最初のインスタントラーメンが、手作りで作られていました。

Hakkoushaの商品も、一つずつ丁寧に手作りでコツコツ創っています。

ちなみに、レギュラーパックは、一時間に2袋のペースで創って仕上がるものです。

見た目は、シンプルですが、じつは多くの工程を重ねて創られています。

一人ひとりの大切なお客さまと響き合っていきたいから、
Hakkoushaでしかできないことを、
これからも大切にしていきたいと思っています。

そんな想いを再確認できた場所でした。

コラム一覧へ戻る

  • facebookfacebook
  • InstagramInstagram