コラム

おなかの中に棲む小さな生きものたちが喜ぶ10の方法

1.発酵食品を毎日、食べる。(ヨーグルト、納豆、キムチなど)

2.食物繊維を毎日、食べる。(ごぼう、玉ねぎ、こんにゃくなど)

3.水分を一日1リットル〜2リットルを毎日、こまめにとる。

4.肉類は、週に1〜2回程度にする。

5.低カロリーな食事を心がける。

6.少食を心がける。

7.和食を中心とした食事を食べる。

8.日々の散歩と適度な運動

9.0時までの就寝と7時間以上の睡眠時間

10.「発酵の素」で、お腹の中を発酵の方向に切り替える。

 

10の方法を一つでも多く取り組むことで、

お腹の中に棲む小さな生きものたちが元気になります。

それは、「体のお便り」と言われる「便」の状態で、

わかるといわれています。

便通が良くなり、

量が増えたり、ニオイも気にならなくなり、

便の状態も変わってきますよ。

ぜひ、意識的な生活をお送りいただき、「

体のお便り」をご観察くださいね。

同時に、心と体の変化も感じるかもしれません。

 

 

コラム一覧へ戻る

  • facebookfacebook
  • InstagramInstagram